ズッキーニ農場から(神奈川県/2016年夏)

IMG_2887

夏野菜の定番、ズッキーニ。
神楽坂通りを歩いていても、八百屋の軒先でズッキーニが販売されているのをよく見かけるようになりました。

WithGreenでは、ズッキーニを夏限定のトッピングとして提供しています。
半月切りにして、油で軽く焼いて。油で炒めることで、ズッキーニに含まれるカロテンの吸収率が上がって体の免疫力を強化し、夏風邪の予防や粘膜の保護に効果があると言われています。

WithGreenにズッキーニを提供してくれているのは、神奈川県三浦半島の”SHO FARM”。
http://sho-farm.sunnyday.jp/
野菜の本来の生命力を引き出し、完全無農薬で育てられた仲野翔さんのズッキーニ。
ほんとうにみずみずしくて、口に入れた瞬間に水がはじけるような食感。
2016年7月は、SHO FARMのズッキーニ農場を訪れてきました。

ズッキーニの収穫を、少しだけさせてもらったのですが、意外に手先が痛い。
ズッキーニの葉っぱや茎にある細かなとげが指先に刺さります。基本的に、野菜は甘やかせば甘やかすほど、とげはでにくくなり、自然に無農薬で育てるからこそ、天敵から身を守るためにとげが発達するそうです。SHO FARMでは、米ぬかと木のチップを発酵させた肥料を使っています。

ズッキーニは、きゅうりのような形をしていますが、かぼちゃの仲間です。
緑色のズッキーニ、黄色のズッキーニ、同じ仲間ではあるけど、少し珍しい形のニーストランペット。
その時に採れた、一番新鮮なものをぜひWithGreenで楽しんで下さい。

IMG_2871

仲野さん

(文・写真 代表取締役 武文智洋)