田植え体験(三重県/2016年春)

sadmpoe

サラダボウル専門店『WithGreen』は、農家が育ててくれた農作物を、顧客に届ける仕事。
できる限り、店舗に立つ社員やアルバイトが、自分たちで育てることも経験し、野菜を栽培してくれる農家の方の想いも知った上で、サラダボウルを提供したいと考えています。

2016年の5月、社員全員で、玄米を提供して頂いている三重の青木農家に訪問して、田植え体験をさせて頂きました。
実際に田んぼに来てみると、周りの水が本当に綺麗!
周りに流れている川は透き通っていて、そのままがぶがぶ飲めます。山間地なので広い田んぼではありませんが、山間地ならではの美味しさが、ぎゅっとお米に閉じ込められている気がします。

田植え開始。
稲の苗を受け取り1本1本、丁寧に植えていきます。はじめは、和気あいあいとしていたのですが、すぐに腰が痛くなってきました。
ですが、田んぼに稲を植え終えた時の充実感は格別です。
今年の秋には、自分たち社員が田植えした稲を収穫し、お店で玄米として提供させて頂きます。

sadmffpoe

(文:代表取締役 武文智洋 / 写真:カメラマン 藤井大輔)